マイナンバー副業ばれない方法

マイナンバー副業ばれない方法

マイナンバーで副業がばれない方法です。

 

マイナンバーと副業問題について

2015年10月から交付されるマイナンバー制度。ニュースでもよく取り上げられているので知っている人も多いかと思います。いろいろと賛否が問われているマイナンバー制度ですが、ひとまず今回のマイナンバー制度では保険などの社会保障制度をマイナンバーで一括で管理して、審査などの手間がかからないようになります。さらに将来的にはマイナンバーによって銀行口座の管理や病気の経歴などの個人情報も管理するようになると言われています。

 

マイナンバー制度で個人の銀行口座の内訳まで管理されるようになると現在副業で収入を得ている人たちはその副業で得た収入まで国に把握されてしまいますね。現在正規の収入以外にも様々な手段で副収入をあげている人は多いです。手軽で有名なのはairbnbなどの場所貸しサービスですね。いまのとこグレーですが認められているので誰でも始めることができますし、それであげた収入分の税を納めている人は少ないと思います。しかしマイナンバー制度で口座を管理されると副業で得た収入分の税を納めないといけなくなります。

 

マイナンバー制度でどこまで管理されるかまだ完全にははっきりしていませんが、会社単位でマイナンバーの管理をした場合、あなたの副業が会社にばれる可能性があります。税金を納めるだけでなく会社にばれてしまった場合、あなたの会社が副業を禁止していると完全にアウトですね。マイナンバー制度が今後どのように動くかまだわかりませんがその動きは常に把握する必要があります。

 

副業バレを防ぐ方法は?

副業がバレる原因の大半は、住民税の金額です。これは、サラリーマンが会社にバレる場合です。

 

住民税は、会社の給料から天引きされていますよね?会社でもらっている給料に応じて、各市区町村から会社へ住民税の請求がいきます。それを会社が立て替えているのです。

 

これが、副業の給料が紐づいてくると、高い住民税の請求が会社に行きますので、あれ? 副業しているのね。ということでバレます。

 

では、どうしたらいいのでしょうか?

 

単純に、副業の所得分に対する住民税を別で支払えるようにすればいいだけなんですが、意外とこれが出来なかったりします。なぜかというと、住民税の未納も多いですので、できるだけ会社の給料からの天引きにしたいのは分かりますよね?

 

なので、ここは税理士などの専門家と相談するのが良いでしょう。